サイトメニュー

うつ病を発症する人の特徴

医者

うつ病を発症しやすい人の特徴:性格

うつ病を発症する人の性格には、ある共通点があります。その共通点とは、「真面目」「完璧主義者」「自己表現が苦手」などです。まず、真面目な人というのは、周りの期待に応えようと一生懸命になり、自分の限界を超えてまで頑張ってしまうことがあります。疲労感を感じていても、真面目であることがゆえに、ブレーキの掛け方が分からなくなってしまうのです。そのため、こころや身体に不調が出てしまいます。完璧主義者である方というのは、真面目であることにも通じていますが、上手く妥協ができません。何事も完璧に、というのは無理な話なのですが、完璧でないと気が済まないことで、どうしても妥協せざるを得ない部分が出てしまった場合などに、必要以上のストレスを感じてしまうことがあります。気を抜くことができないので、ストレスや疲労を発散することが上手くないのです。自己表現が苦手な人は、考えや感情を抑え込んでしまいます。感情の発散が上手くできないことで、「周りは自分を理解してくれない」と悲観してしまうことがあり、さらに殻に閉じこもってしまいます。このような特徴のある性格を持つ人は、普通の人よりも、自分の許容量をオーバーしてしまいやすいため、うつ病を発症しやすくなります。

うつ病を発症しやすい人の特徴:気質

性格は、生まれた後に家庭や環境に応じて取得するものですが、「気質」というのは、もともと産まれ備わっていた先天的な性質のことを言います。ある刺激に対する反応は、先天的に決まっている、という考え方が「気質」です。うつ病を発症しやすい人が抱えやすい気質は「循環気質」「執着気質」「メランコリー親和型気質」の3つだと考えられています。循環気質は、明るく元気な時と、落ち込んで抑うつ気分のような精神状態を行き来する、不安定な状態の気質を指します。執着気質というのは、真面目な人や、完璧主義者の方が抱えやすい気質で、何事にも全力で向き合い、妥協や適度の手抜きができない気質です。メランコリー親和型気質とは、ネガティブは考えに陥りやすい気質のことを指します。メランコリーとは、英語でゆううつなどの意味があり、親和は相性のいいことや馴染みのある事を指します。悲観しやすく、悪いことが起こると「自分のせいだ」と思い込んでしまう傾向があります。もちろん、このような気質を持っている人全てが、うつ病を発症するわけではありません。あくまでも、うつ病を発症する要素の一つとして考えられる原因です。

障害年金を取得するためには

近年、うつ病は誰にでも発症の可能性がある身近な病気になりました。現代では、自身のこころの休息を大切にして、余裕を持ち、こころの健康バランスを保つのはなかなか難しいのです。なかでもうつ病を発症しやすい特徴のある人は、とくに気を付けていきたいものです。万が一、大切な人や自分自身がうつ病を発症し、障害年金を取得することになった場合には、様々な手続きが必要です。そのために、まずはクリニックに行く必要があります。初めて診断してもらう日を「初診日」と言いますが、障害年金の取得にはこの「初診日」が凄く重要になってきます。障害年金は、初めて診断をもらった初診日から1年6ヶ月経っていることが、申請の条件になっています。うつ病の治療は難しく、完治するまでに時間がかかってしまう病気です。少しでも、性格や気質に当てはまる部分があり、うつ病の発症を疑っている場合には、なるべく早くクリニックに行くことで早期治療に繋がりますし、闘病の際に支えはたくさんある方が良いですよね。金銭的な面で支えが必要になった場合には、障害年金が休養の助けになってくれます。