サイトメニュー

障害年金の受給は難しい

病院

うつ病の等級について

障害年金を受け取るためには、条件を満たした症状である必要があります。それは、症状に合わせて等級が決まっており、1級が重く、3級が一番軽度の症状です。しかし、うつ病はこころの病気であるため、症状を数値化して状態を証明する、ということができず、基準があいまいになってしまいます。等級のレベルとしては、うつ病が原因で常に介護が必要になる場合、1級に該当します。うつ病が原因で日常生活に支障をきたしている場合は、2級に該当します。3級の場合は、うつ病を患っており、日常生活は送れますが、仕事に支障をきたしている場合が該当します。

障害年金の受給は難しくなった

障害年金の受給は難しくなった、というのは公的年金の受給者が増えたことも原因になっています。公的年金の制度を維持していくためには、できるだけ年金額を抑えることが重要になって来ます。そのため、審査が必要な障害年金では審査基準が厳しくなってしまいます。そのため、障害年金の受給は難しくなっているのです。また、障害年金の申請には、医師の診断書が必要なのですが、クリニックに行ける時というのは、比較的体調がよく、元気のある時なので医師が見ているのは、症状が比較的軽い時になります。そのため、診断書にかかれる症状が、実際本人が感じている症状よりも軽くなってしまうことがあります。そうすると、申請が通っても等級が下がってしまう可能性があるのです。このような、様々なことが原因で、障害年金の受給は難しくなった、と言われています。