サイトメニュー

医者

うつ病とはどんな病気?

うつ病を患っている方は、条件を満たしていれば障害年金を受給することができます。では、うつ病とはどのような病気なのでしょうか。まずはうつ病についての理解を深めましょう。

詳しく見る

医者

うつ病を発症する人の特徴

うつ病はこころの病気です。うつ病を発症する人には、特徴があります。だからと言って、この特徴のある人全てがうつ病を発症するわけではありませんが、障害年金を受給するためには、本人の特徴を理解し、受給の期間など正しく申請することが大切です。

詳しく見る

病院

障害年金の受給は難しい

うつ病は、こころの病気なので、明確な数値などで症状を照明することができません。また、障害年金の審査や基準が厳しくなったこともあり、障害年金の受給も簡単なことではなくなっています。

詳しく見る

カウンセリングを受ける男性

障害年金申請の流れ

うつ病で障害年金を申請する場合、申請までの流れを押さえておきましょう。障害年金の申請には、初めて病院を受診した、初診日の特定が重要になります。また、初診日から、1年6ヶ月経過していることも、申請の条件になります。

詳しく見る

傷病手当金と障害年金とは

カウンセリング

傷病手当金とは

病気で会社を休まないといけない場合、手当金などがあることを知っておきましょう。傷病手当金というものと、他だと障害年金があります。まずは、傷病手当金について説明します。傷病手当金とは、病気や怪我が原因で、会社を休まざるを得なくなった時に利用できる、健康保険から手当金を受け取ることができる制度のことで、もちろんうつ病も適応しています。傷病手当金は、普段の給与の3分の2が支給される制度です。傷病手当では、療養中でないと支給ができない、などの条件があります。その他に、うつ病が原因で働くことができない、4日以上連続して会社を休んでいる、休養中はの給料は支払われていない、などの4つの条件があります。金額は、勤めている会社から年金事務所へ届け出る、従業員ごとの給料を1ヶ月の平均にした標準報酬月額から、1日単位の金額を出します。そこに支給日数をかけて計算するのが傷病手当金です。傷病手当金の支払期間は、受給した日から最長で1年6ヶ月と決まっています。これは、途中で仕事に復帰し、給与の支給があっても、1年6ヶ月内に含まれていますので、その分の延長などはありません。傷病手当金は、1つの病気やけがに対して1年6ヶ月の支給になります。1年6ヶ月の支給が終わって、再発してしまった場合には、傷病手当金が受給できないこともあります。傷病手当金は、失業給付金とも違いがありますので、傷病手当金を受給している間は、失業給付金の受け取りはできません。傷病手当金は、退職した場合にも、原則支給されます。

障害年金とは

続いて、障害年金についてです。障害年金とは、病気によって生活が困難になった場合に、国から支給される年金のことです。手足などの障害だけではなく、がんなどの病気、うつ病などのこころの病気よって、長期休暇が必要な場合にも、障害年金が支給されます。障害年金にも、支給に必要な条件があります。障害年金は、原則として20歳から64歳までの年齢の方しか受け取ることはできません。場合によっては65歳以上の方でも、障害年金を受け取ることができるケースがあります。国民年金に加入していることや、障害がある程度の状態であること、年金保険料をしっかり支払っている事、そして、その病気で初めて病院に診断をもらった、初診日から1年6ヶ月が経過していることも必須条件になります。障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」「障害共済年金」の3つの種類があります。どの種類の障害年金を受け取れるかは、職業や入っていた保険などによって異なります。さらに、障害の等級によって、支給される金額が変わってきます。障害年金の支給期間は、ほとんどの場合、等級の認定を受けた年から1年から5年経つと、診断書の再提出が必要になります。障害年金の種類によっては、退職後にも、障害年金を受給できることがあるようです。

人気記事

医者

うつ病とはどんな病気?

うつ病を患っている方は、条件を満たしていれば障害年金を受給することができます。では、うつ病とはどのような病気なのでしょうか。まずはうつ病についての理解を深めましょう。

詳しく見る

医者

うつ病を発症する人の特徴

うつ病はこころの病気です。うつ病を発症する人には、特徴があります。だからと言って、この特徴のある人全てがうつ病を発症するわけではありませんが、障害年金を受給するためには、本人の特徴を理解し、受給の期間など正しく申請することが大切です。

詳しく見る

病院

障害年金の受給は難しい

うつ病は、こころの病気なので、明確な数値などで症状を照明することができません。また、障害年金の審査や基準が厳しくなったこともあり、障害年金の受給も簡単なことではなくなっています。

詳しく見る